各務原市 I氏邸 寝室兼書斎リフォーム

築30年ほどの鉄骨造ALC張りの住宅をリフォームしました。
納戸のように使われていた北側の和室を少し増築して洋間にしました。
南側の和室との間にあった収納は取り壊して
ひとつの空間として使えるようにしました。
増築した部分に大きな窓がついたので、
以前の北向きの部屋とは見違えるほど明るく風通しもいい
住み心地の良い居室に生まれ変わりました。
その窓からはウッドデッキに出られるようになっています。
また、倉庫からの渡り廊下を新設し、
おきゃくさまのコレクションなどを並べたミニギャラリーとして
楽しめる空間を作りました。

 

 

天井

 

天井
手前の和室の天井を板とアシを使って
個性を出しました。
奥の洋間の天井はモミの板を貼りました。
洋間から和室を見る
元は、収納で区切られていた部屋でしたが
オープンにして広々と使えるようになりました。
採光も通風もすぐれた居室になりました。

 

西面

 

東面
クローゼットとミニキッチン
天井まで使える大きなクローゼットと
ミニキッチンがつきました。
着替えたりお茶を飲んだりする生活をイメージしながら
必要なものを備え付けることにしました。
東側壁面
クローゼットの向かい側の壁は
トイレやキッチンの方向とつながる出入り口です。
飾棚をつけてお気に入りのものを並べます。

 

南面

 

北面
和室と洋間
和室と洋間との境のあたりです。
ベッドや机を置いて、和室との区切りにしています。
ミニキッチンの横の掃き出し窓から
ウッドデッキに出られます。
北側壁面
おきゃくさまのご希望で、
壁はクロス貼りからヒノキの板張りに変更しました。
木の効果で明るくて優しい空間になりました。
ベッドからTVが見られます。
出入り口からは倉庫への渡り廊下に出ます。

 

渡り廊下

 

渡り廊下
倉庫と本宅とを結ぶ渡り廊下です。
床はゆるいスロープがついたヒノキの板張りです。
おきゃくさまのお皿などのコレクションを並べられるように
木材を組んでミニギャラリーを作りました。
ウッドデッキ
増築した部分に掃き出し窓をつけ
そこからウッドデッキに出られるようにしました。
居室とお庭とをつなぐ楽しい空間です。

 

Copyright (c) 2012 長野建設株式会社,All rights reserved.