各務原市 I氏邸 玄関・居間リフォーム

築30年ほどの鉄骨造ALC張りの住宅をリフォームしました。
玄関ホールと廊下のフローリングを竹製のものに張り替え
玄関ホールの飾棚の壁をお施主様支給のスギ板にしました。
居間は、畳敷きをフローリングに変え、
お施主様が集められたアンティーク家具や材料を
たくさんちりばめた部屋作りをしました。
現場合わせの作業が多く、打ち合わせ開始から完成まで半年近くかかりましたが
いろいろなアイディアを出し合い、こだわりを持って進めていく作業は
たいへん楽しく、いい経験をさせていただきました。

 

 

玄関飾り棚

 

蔵戸
玄関ホール飾棚
玄関を入った正面です。
スギ板の存在感があります。
蔵戸
お施主様お気に入りの蔵戸です。
台所との境に配置しました。
重厚ですが戸車を付けたのでスムーズな動きです。

 

書斎コーナー

 

けやき柱
書斎コーナー
お施主様の書斎コーナーを作りました。
もとは2階でしたが、居心地の良さにひかれ
たくさんの時間をこの部屋で過ごすことになりました。
けやきの柱
鉄骨の柱にけやきの板をあてることで
けやきの大黒柱のような雰囲気になりました。
柱と掃き出し窓の間はわずかなスペースですが
扉付きの収納スペースができました。

 

飾棚収納

 

天井
飾棚コーナー
お施主様が買われた飾棚収納が
ちょうどの蔵戸の引き込み部分に収まりました。
蔵戸を開けると台所と居間とがつながります。
ふだんはオープンにしてお使いのようです。
天井
鉄骨とALCの屋根材がむき出しになった天井は
すだれで隠すようにしました。
照明は、ガラス入り欄間で蛍光灯を隠しました。
欄間を支えている材料も
お施主様支給の古いスギ板です。

 

収納

 

掘ごたつと囲炉裏
電話台
玄関ホールから入ったすぐ脇に
電話台を兼ねた作り付けの収納ができました。
横の柱も鉄骨柱にけやきの板を張りました。
掘ごたつと囲炉裏
もともとあった大きな掘りごたつを
半分ずつ、掘ごたつと囲炉裏にしました。
囲炉裏は火鉢を入れてお使いです。
テーブルも囲炉裏周りの木も
お施主様支給の板で作りました。

 

Copyright (c) 2009 長野建設株式会社,All rights reserved.